講師業の方におすすめ!わかりやすく説明できる【スクリーンペン】

プロジェクターを使って説明をする際に、PowerPointであれば「レーザーポインタ」などの機能を使って、画面上注目をしてほしい場所を指し示すことができますが、それ以外のインターネットやPDFを映しているときに便利なのが、「スクリーンペン」です。

無料で利用できますので、講師業などされている方は使うと便利ですよ。

「ここです~!!」と指し棒を持ってプロジェクターの光線を受けなくて済みます(笑)

 

スクリーンペンでできること

画面に書き込みができる

ドラッグで線を引いたり、文字を書いたりすることができます。

画像は赤い線ですが、色や太さの設定を変えることは可能です。

f:id:kannacyan:20190630152949p:plain

 

四角く囲む

注目すべき箇所を資格の枠で囲むことができます。

ドラッグ操作で囲むよりも、綺麗で早く囲めます。

screenpen

スクリーンペンで囲む

矢印で指し示す

注目すべき箇所に矢印をつけることができます。

囲む操作と組み合わせば、受講される方は見る場所に困りませんね。

スクリーンペン 矢印委

 

拡大する

注目してほしいところを拡大表示することができます。

 

スクリーンペン入手方法

無料で入手ができます。

https://www.vector.co.jp/soft/win95/amuse/se225344.html

2002年に作られた随分前のものですが、windows10でも動きます。

ファイルの情報に「岡谷工業高等学校」と出ますので、学生さんか学校関係者が作成されたのでしょうか。。。

AIの時代になっても使い続けられている、シンプルで使い勝手のよいプログラムです。

 

解凍

これが時代を物語ると思うのですが、このソフトの圧縮ファイル形式は「LZH」です。

現在ほとんど利用されていないので、解凍するのに少々手こずりました。

解凍するのにも別のソフトのダウンロードが必要だろうと思います。

参考までに

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/lhasa/

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/lhaplus/

 

スクリーンペンの操作

実行

【F2】キー

拡大

拡大したい場所にマウスポインタ―を移動し【Shift】+クリック

囲む

【Shift】+ドラッグ

矢印

ダブルクリック 

解除

右クリック

 

説明しながら、スマートに操作するには、練習が必要だと思いますが、受講される方にしっかりと理解をしていただくためにも、使用すると便利だと思います。

USBに入れて持ち運べます。

 

是非試してみてくださいね。